FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

無所属新人 やまやまお

野谷荘司山 白谷-REPORT- 

日  時:2/18
ジャンル:スキー
場  所:岐阜県
メンバー:単独 

 5時45分:トヨタ白川郷自然學校 (700m)
 7時50分:1602P
 8時15分:白谷左俣源頭ジャンクションピーク 着
 8時30分:白谷左俣源頭ジャンクションピーク 発
 8時55分:トヨタ白川郷自然學校 (700m)

夜勤入りの月曜日、天気がばちっと当たりそうだったので、数日前から白谷へ行こうと計画していました^^
前日に白谷を滑ったU次さんから「底付き無し」の情報をゲット♪
この日は気温が上がる予報だったので、速攻山行で至福の一本を楽しんできました^^v

IMG_2744.jpg
日は昇りましたが空はどんより♪
上に着くまで曇っていてと念じて登ります(笑)

IMG_2742.jpg
野谷に来る日はいつも天候の悪い日ばかりだったので、久しぶりにこの景色を見られました^^

IMG_4258.jpg
昨年通った皈雲山の斜面はヤブヤブ。。。今年は仕上がることはありませんでした^^;

IMG_2731.jpg
ラストの尾根はジャパラスカを眺めながらジャンクションピークまでラッセル!

IMG_2741.jpg
サッと身支度を整えて雲の切れ間から日が差すのを待ちます♪
5分もしないうちに視界良好!!

IMG_2743.jpg
谷の中は風も日射の影響もなく、柔らかいパウダーで最高でした~^^

IMG_2745.jpg
時間があれば2R目へ行きたかったですが、夜の仕事に向けて後ろ髪を引かれる思いで帰宅^^w

スポンサーサイト

category: REPORT

CM: 0 TB: 0   

野谷荘司山 白谷-DIARY- 

今日を逃すと春まっしぐら^^(笑)
気温が上がる前に白谷でラストパウダーいただいてきました!

IMG_2727.jpg
本日のファーストいただきですv

IMG_2739.jpg
今思い出しても最高でした~^^


category: DIARY

CM: 0 TB: 0   

野谷荘司山-REPORT- 

日  時:1/26
ジャンル:スキー
場  所:岐阜県
メンバー:秀さん・やまお 

 5時30分:トヨタ白川郷自然學校 (700m)
 7時50分:1370m付近 着
 8時00分:1370m付近 発
 8時45分:登り返し (800m)
 9時30分:1130m付近 着
 9時50分:1130m付近 発
10時25分:登り返し (800m)
11時15分:1130m付近 着
11時25分:1130m付近 発
11時45分:トヨタ白川郷自然學校 (700m)

藪もだいぶ埋まり、ようやくシーズンスタートといった感じです^^!

IMG_4232.jpg
本日はファーストを頂くべく、5時半スタート^^

IMG_4234.jpg
スネからモモラッセルですが、白川郷パウダーはさすがの軽さです^^!

IMG_1034.jpg
30分交代でラッセルを回してドロップポイントへ^^v

IMG_4242.jpg
ヒデさん

IMG_1068.jpg
やまお

IMG_4246.jpg
こっそり隠れている藪に板が挟まるアクシデントもあり^^;
下部はもう少し積雪が欲しいところです。

IMG_4248.jpg
登り返し地点で梅さん・K田さんに合流して、明日の打ち合わせ(笑)

3R回して全身粉まみれになって帰還しました^^♪

category: REPORT

CM: 0 TB: 0   

野谷荘司山-DIARY- 

藪もだいぶ埋まり、ようやくシーズンスタートといった感じです^^!

IMG_4232.jpg
本日はファーストを頂くべく、5時半スタート^^

IMG_4234.jpg
スネからモモラッセルですが、白川郷パウダーはさすがの軽さです^^!

IMG_4242.jpg
ヒデさん

IMG_1068.jpg
やまお

3R回して全身粉まみれになって帰還^^♪

category: DIARY

CM: 0 TB: 0   

昼闇山-REPORT- 

日  時:1/13
ジャンル:スキー
場  所:新潟県
メンバー:単独

 5時20分:焼山温泉 (380m)
 6時50分:昼闇谷出合 (750m)
 9時25分:稜線 (1580m)
10時00分:山頂手前急斜面 (1640m)
10時50分:昼闇谷出合 (750m)
11時15分:焼山温泉 (380m)

想像以上の貧雪シーズン、例年なら仕上がっている山々はどこも藪ヤブパラダイス^^;
昼闇山ならさすがに藪は埋まっているだろうと、偵察に行ってきました^^

IMG_2238.jpg
林道途中にある橋の積雪は3~4月ごろとほとんど変わらず
取り付きの尾根までも雪の少なさを感じることはありませんでした。

IMG_2241.jpg
尾根に上がっても藪に進路を妨害されることもなく、思い通りにトレースを延ばせて行けました^^
5日程前に降った雪が落ち着いた感じで、プチラッセルといった感じ

IMG_2242.jpg
日も昇り始め、尾根から美しい景色が見渡せました♪

IMG_2244.jpg
振り返ると鉾ヶ岳と権現岳

IMG_2250.jpg
早朝の昼闇山
見るからに良い感じに仕上がっています^^v山頂にロックオン!
山頂から谷へ落とそうと、ラインを確認しながらハイクして行きます♪

IMG_2256.jpg
と思っていたのもつかの間、背後からガスが上がって来ました。。。
藪のない斜面が逆に裏目に出て、雪面の起伏もほとんど見えなくなりました^^;

IMG_2259.jpg
午後から天候が崩れる予報だったので、午前中勝負のつもりでしたが思いのほか早い時間に雲がかかり雪に。。。
視界がないなら山頂から谷へは滑走できないので、山頂手前の壁で撤退

IMG_2263.jpg
シールを外して滑走準備に入りました

IMG_2270.jpg
藪はなし^^!
日差しがさして、もう少し明るければ申し分なかったのですが^^

IMG_2274.jpg
藪は濃くてこの程度
少しモサリかけたパウダーでしたが快適でした^^♪

IMG_2275.jpg
尾根上のメローな斜面を楽しむ^^

IMG_2278.jpg
立ち枯れした木が何とも言えない雰囲気を醸し出す。
この日は他に入山者も居らず、静かな山を楽しむことが出来ましたv

IMG_2282.jpg
昼闇谷出合
しっかりスノーブリッジが掛り安心して渡れます。薄いところもあるかもしれないので、ご注意を^^

IMG_2287.jpg
右が昼闇山
晴れたパウダーの日に、また訪れたいと思います^^v

2019_01_13_hirukurayama.jpg

category: REPORT

CM: 0 TB: 0