Admin New entry Up load All archives

無所属新人 やまやまお

片折岳 -DIARY- 

新聞によればこの冬最強級寒気到来!?とのこと。。。
そんな時は地元の山で安全にパウダーを楽しもうと、金剛堂山へGO!
今日はtakiさんお勧めルートで、スノーバレー利賀Pから冬道をたどり、片折岳で早々切り上げ利賀産のばっふんばっふんなパウダーを腹一杯楽しんできました^^v

IMG_4812.jpg
青空も顔を覗かせ、辺り一面雪景が美しい
軽い雪をラッセルし、ジワリと汗ばみ最高の気分!^^

IMG_4822.jpg
片折岳山頂
皆さんにやにや^^

IMG_4823.jpg
なら行くべ!!

IMG_4833.jpg
幹事長
約束通りのパウダーです^^v

IMG_4843.jpg
タイヤマンのおやじさん

IMG_4842.jpg
takiさん

IMG_4845.jpg
モッチさん

IMG_4844.jpg
帳さん

484827_332086576911188_143456697_n.jpg
やまお

387166_332086896911156_1580918683_n.jpg
やまお
楽しくって嬉しくってダーイブ^^
スポンサーサイト

category: DIARY

CM: 4 TB: 0   

横前倉山 -REPORT- 

日  時:1/12
ジャンル:スキー
場  所:長野県
メンバー:大滝くん・吉森・miC・やまお

 5時00分:北野集落 除雪最終地点 (680m)
 6時35分:南俣沢に架かる橋 (882m)
10時40分:風吹山荘 (1780m)
11時40分:横前倉山山頂 着 (1907m)
12時10分:ドロップポイント (1890m)
14時00分:南俣沢に架かる橋 (882m)
14時50分:北野集落 除雪最終地点 (680m)

短いハイシーズンの始まり、思いっきりパウダーを楽しみたい!
戸隠方面、白川方面、白馬方面、幾つか候補が上がりましたが、戸隠方面はまだまだ雪不足の様子。
各地の降雪情報を調べると、1/10に栂池エリアで30〜40センチの降雪あり!
2日も経てば雪も幾分落ち着いているだろうということで、横前倉山・北東斜面を狙う事に^^

IMG_4676.jpg
北野集落 除雪最終地点に車を止め、スタート
前回は来馬集落からスタートしましたが、北野集落からのスタートの方が、駐車スペースも広く何よりも標高差200m短縮できるのでグー!

IMG_4680.jpg
スタートから1時間半、横前倉山が姿を現しました

IMG_4682.jpg
夜が明けはじめる
天気予報通り穏やかな天候

IMG_4685.jpg
南俣沢に架かる橋

IMG_4691.jpg
橋からは林道を外れ、急斜面をショートカット

IMG_4695.jpg
概ねスネラッセルで快調に進む
今日は絶対に山頂に立つと、全員モチベーションが高い^^

IMG_4702.jpg
温泉臭が漂いだす頃に細尾根が現れる
帰りはこの尾根を滑りますが、幅が狭く所により結構な斜度もあり結構スリリングです^^;

IMG_4703.jpg
細尾根を抜けると、再び横前倉山が^^
パウダーがたんまりと詰まった北東斜面は遥か彼方

IMG_4712.jpg
疎林の台地をラッセルを回しながら進みますが、西~南西の斜面に入るとそれまでの氷点下から、
一気に8℃近くまで気温が上昇し、激重ラッセルが始まりました。。。

IMG_4714.jpg
天気も気分も最高~!皆幸せそうです^^
概ね夏道上を歩き風吹山荘経由で山頂を目指します。

IMG_4723.jpg
風吹山荘手前
風吹と云うだけあり、急に風が強くなる

IMG_4724.jpg
風吹山荘着
今年の夏はちっちゃい人を連れて訪れてみようと思います^^

IMG_4729.jpg
風吹大池は雪の中
風吹大池上を歩き岩菅山と横前倉山の鞍部を目指す!

IMG_4735.jpg
鞍部を越え、山頂までもう一頑張り

IMG_4739.jpg
約6時間半のラッセルの末、横前倉山山頂を踏みしめました!!

IMG_4743.jpg
山頂からは頸城、妙高、戸隠、南アルプスまで一望

IMG_4748.jpg
山頂からドロップポイントまで移動し弱層テスト
年末から断続的に降り積もったと思われる1メートル程の雪がしっかりと結合、その上に2日前に降り積もった30センチの層が。
ハンドテストで結合を確かめましたが、かなり力を加えて破断、安定していると判断しました。

IMG_4751.jpg
滑走ラインを見定める

IMG_4752.jpg
それでは行きますか!
先ずは大滝くんが思い切ってGO!!

IMG_4753.jpg
いつもながらハイスピードでかっ飛ばす!

IMG_4759.jpg
上質パウダー!

IMG_4754.jpg
miC
人一倍負けん気が強い女性ライダー

IMG_4761.jpg
豪快な滑りを決める
スキーを始めて3年でここまで上手くなるとは驚きです^^

IMG_4755.jpg
スプレーを舞いあげる吉森!

IMG_4757.jpg
今日はテレではなく、TLTで参戦

IMG_4773.jpg
超快適斜面の滑走
頑張って登ってきた甲斐がありました^^v

IMG_4776.jpg
おっといけない!
気持ちよすぎてクセエ沢が深くなるところまで滑り降りてしまい、対岸に渡れなくなり少々登り返す^^;

IMG_4782.jpg
南俣沢に架かる橋から、約30分の林道登り返し

IMG_4784.jpg
北野集落に無事帰還!

25_01_13_yokomaekurayama.jpg
雪良し斜面良し眺め良し!
横前倉山・北東斜面をかっとばし、北小谷産のドライパウダーをがっつり楽しんできました^^V

category: REPORT

CM: 6 TB: 0   

横前倉山 -DIARY- 

今日は大滝くん・吉森・miCと、北野発で横前倉山へ
約6時間半のラッセルの末、前回踏めなかった山頂を無事に踏み、北小谷産のドライパウダーを堪能!!

IMG_4680.jpg
北野を5時に立ち、ラッセルを回して横前倉山を目指す!

IMG_4697.jpg
概ねスネラッセルで快調に進む
今日は絶対に山頂に立つと、全員モチベーションが高い

IMG_4704.jpg
パウダーがたんまりと詰まった北東斜面^^v

IMG_4739.jpg
風吹山荘経由で山頂を踏む。4人でお決まりの記念撮影^^

IMG_4748.jpg
ピットを掘って雪の状態を確かめましたが、かなり安定した状態^^v

IMG_4752.jpg
先ずは大滝くんが思い切ってGO!!

IMG_4754.jpg
miC
スプレーが舞い上がる!

IMG_4757.jpg
今日はテレではなく、TLTで参戦した吉森

バッフバフなパウダーにはあり付く事はできませんでしたが、横前倉山・北東斜面をかっとばし、北小谷産のドライパウダーをがっつり楽しんできました^^V

category: DIARY

CM: 6 TB: 0   

野谷荘司山 -REPORT- 

日  時:1/5
ジャンル:スキー
場  所:岐阜県
メンバー:単独

 5時30分:トヨタ白川郷自然學校 (700m)
 8時15分:1602P
 9時00分:白谷左俣源頭ジャンクションピーク (1745m)
 9時20分:野谷荘司山山頂 着 (1797m)
 9時30分:野谷荘司山山頂 発 (1797m)
 9時35分:白谷左俣源頭ジャンクションピーク (1745m)
10時55分:トヨタ白川郷自然學校 (700m)

IMG_4577.jpg
正月休みは、3日と5日は山へ出かけようと決めていました。
1月3日は片折岳西面でばっふばっふのパウダーを楽しみましたが、山は降って降って降りまっくっていたので、5日の行き先は直前まで決められず。。。
4日になって降雪はずいぶんと弱まり、降り続いた雪も幾分沈降して落ち着くか!?と思われたため、以前から行きたかった野谷荘司山へ向かう事に。
激ラッセル覚悟!山頂までは7時間、いやいやこの雪なら8時間は掛かるか?と、
正月休みにしっかりと腰回りに溜め込んだ脂肪を燃焼すべく、単独・ラッセル敗退も覚悟で挑みました^^

IMG_4578.jpg
5時半にトヨタ白川郷自然學校を出発し山頂を目指しましたが、
すでに立派なトレースがついていました・・・^^

IMG_4587.jpg
気温-10℃
汗をかく事も無く、快適に高度を上げて行く

IMG_4589.jpg
疎林の尾根は斜度もあり、裏山スキーにはもってこいの斜面が広がっていました^^
天気の悪い日はこの尾根を滑っても十分に楽しめそうです。

IMG_4590.jpg
樹氷と猿ヶ馬場山と朝焼け

IMG_4593.jpg
空と月と雪面
1250m付近でいきなり森林限界を迎え、無木立の急斜面が現れる
トレースはあるものの、雪崩れそうで一人で登るには恐ろしい。。。

IMG_4600.jpg
朝日に照らされ、三方岩岳は燃え上がっていました

IMG_4604.jpg
どこを見ても、何を見ても美しい。本当に来て良かった^^

IMG_4607.jpg
1400m付近で先行者のお二人にようやく追いつくことができました^^
豊橋のT中さん・名古屋のT山さんは前日の内に、1390m付近までトレースをつけておられたそうです・・・。(素晴らしいモチベーションに脱帽)
何と言っていいか言葉も見つかりません。。。本当にありがとうございましたm_ _m

DSCN0426.jpg
(写真:T中さん提供)
その後は三人でラッセルを回しながら、高度を上げる
お二人とも大変気さくな方で、話が弾む弾む^^

IMG_4611.jpg
振り返り猿ヶ馬場山を望む
尾根の左右どちらも、今にも滑り込みたくなる斜面が広がっていました

IMG_4619.jpg
ジャンクションピークまであと少し!
尾根上は吹きだまって、最後の最後までラッセルラッセル^^

IMG_4626.jpg
後続三名が追いついて来そうだった事もあり、お二人はファーストトラックをGETするため、
ジャンクションピークでハイク終了。
一旦お二人とお別れし、山頂を目指す

IMG_4635.jpg
野谷荘司山山頂で猿ヶ馬場山をバックにパシャリ!

IMG_4648.jpg
穂高連峰もくっきり
360°大パノラマ、北アルプスを一望できました

IMG_4651.jpg
白山と野谷荘司山
山頂を後にジャンクションピークへ戻る

IMG_4652.jpg
白谷左俣源頭に立つT中さん
ジャンクションピークへ戻ると、お二人がドロップされる所

IMG_4655.jpg
雪は沈降して、だいぶ安定した状態
それでは飛び込みますか!先ずはT中さんがGO!!
若干パックされた新雪でしたが、ご覧の通りのコンディション^^v

photo_2013-01-05_07.jpg
(写真:T山さん提供)
別角度で!昇天です!!

IMG_4660.jpg
素晴らしい斜面
白谷左俣にシュプールを描く^^v

IMG_4662.jpg
200m程高度を落とすと、前日に南面からの雪崩れによるデブリに行く手を邪魔される
天国から地獄に突き落とされた感じです^^;

IMG_4669.jpg
何だかんだで下部まで試練の滑りを強いられました^^;
この日は雪も十分にあり右岸沿いを難なく滑り降り、無事にトヨタ白川郷自然學校に帰還!

写真
激パウ白谷大満喫!とは行きませんでしたが最高の景色を楽しめ、新しい出会いもあったので好しと言うことで^^v

category: REPORT

CM: 0 TB: 0   

片折岳西面 -REPORT-  

日  時:1/3
ジャンル:スキー
場  所:富山県
メンバー:太田雪舞幹事長さん・松さん・タイヤマンのおやじさんモッチさんK住さん・やまお

 8時50分:スノーバレー利賀駐車場 (750m)
 9時20分:上百瀬栃谷登山口 (780m)
11時10分:1125P
11時40分~12時20分:大休止 (990m)
12時40分:1125P
14時20分:スノーバレー利賀駐車場 (750m)

新年初滑りは太田雪舞幹事長さん(以下、幹事長)が長年通って開拓された、
片折岳西面のシークレットスポットへ。
ウワサ通りの疎林斜面は、年末年始に降り積もった雪でばっふばふ!
パウダーでパウダーでばやくでした^^v

kuruma.jpg
集合した人から太田雪舞号に乗り込み、新年のご挨拶を交わし集合待ち。
雪がガンガン降り路面状況がとても悪く、集合時間の8時を軽~く過ぎます。
外に出てぼちぼち出発準備を整えていると、向こうの方でスタックしている一台の車が・・・。
もしやあの車は!?^^

IMG_4530.jpg
やっぱり持っておられます^^
昨年の1月3日に引き続き、今年もやってくださいました!
太田雪舞号で、スタックしていたタイヤマンのおやじさんの車を引っ張り出し、いざ出発!

IMG_4532.jpg
スノーバレー利賀駐車場から林道をラッセルして、上百瀬栃谷登山口へ向かう

IMG_4534.jpg
先ずは幹事長が橋の毒見^^
甘く見ていたら2m程落ちるので注意が必要です。

IMG_4538.jpg
登山口から夏道には取り付かず、1125P方面に向けてひたすらトラバース気味に登高
うっきうきで皆さんを引率する幹事長は、いつもにも増して男前^^v

IMG_4546.jpg
ラッセルを回しながらシークレットスポットに近づいて行きます

IMG_4551.jpg
ヒザラッセルがつづく

IMG_4552.jpg
所によりコシラッセル
おろしたての板でテンション最高潮のタイヤマンのおやじさん
ガンガンラッセルしてくださいました!

IMG_4566.jpg
藪のない斜面が目の前に現れます^^

IMG_4554.jpg
片折岳西の1125Pまでハイクして一本目の準備にとりかかりました
K住さん、ちゃっかりピースサインvおちゃめさんです^^

IMG_4557.jpg
それでは行きますか!!
幹事長がGO!!!!かっけー!

423279_314662835312594_358690396_n.jpg
K住さん

734790_319028394883673_1749377058_n.jpg
タイヤマンのおやじさん

185746_319027674883745_1023848376_n.jpg
やまお

148899_319028461550333_1676360506_n.jpg
やまお


(ムービー:太田雪舞幹事長さん提供)
一本目!ご覧の通り文句なしのパウダーです!!
軽く好く浮くパウダーをこれでもかと浴びる^^v

574748_319027874883725_1703744704_n.jpg
パウダーお代りに備え、一旦、大休止を取る
その後、先ほど付けたトレースを再びハイク

737_314662765312601_1065282146_n.jpg
本日、二本目の準備^^

270391_319028251550354_2051850328_n.jpg
やまお
Let’s GO!

58209_319028351550344_2040473095_n.jpg
モッチさん

535964_319028218217024_399649769_n.jpg
松さん


(ムービー:太田雪舞幹事長さん提供)
二本目!一本目の斜面から北東に移動しただけで、雪質が変わり若干重めのパウダーになりましたが、
それでもそれでもご覧のパウダーっぷり!

IMG_4572.jpg
二本滑って帰路に着きましたが、樹間の広い杉の植林地でもまだまだパウダーを楽しめました^^

IMG_4570.jpg
おっと!
“猿も木から落ちる”とはこの事。藪にストックを持って行かれ、幹事長いやん!

IMG_4574.jpg
雪にまみれ皆さん本当に楽しそうでした^^

IMG_4575.jpg
激ぶりの中、裏山を満喫
頑張って登った者だけが味わえる、文句なしのパウダーDAYでした^^v
幹事長はじめ、ご一緒させていただいた皆さま、ありがとうございました!
今シーズンもお相手お願いいたしますm_ _m

category: REPORT

CM: 9 TB: 0   

野谷荘司山 -DIARY- 

写真
写真は下山後に撮影した野谷荘司山~三方岩岳一帯
ご覧の通り、無木立の斜面が広がります!

今日は単独激ラッセルを覚悟で、5時半にトヨタ白川郷自然學校を出発し山頂を目指しましたが、
すでに立派なトレースがついていました・・・^^

IMG_4593.jpg
尾根の上で朝を迎え、素晴らしい景色が広る

IMG_4601.jpg
燃える三方岩岳

IMG_4607.jpg
1400mで先行のお二人にようやく追いつくことができました。
豊橋のT中さん・名古屋のT山さんは前日の内に、1390m付近までトレースをつけておられたそうです・・・。(素晴らしいモチベーションに脱帽)
何と言っていいか、本当にありがとうございましたm_ _m

IMG_4612.jpg
その後は三人でラッセルを回しながら、高度を上げる
お二人とも大変気さくな方で、話が弾む弾む^^

IMG_4635.jpg
ジャンクションピークで一旦お二人とお別れし、山頂を目指しました。
野谷荘司山山頂で猿ヶ馬場山をバックにパシャリ!

IMG_4655.jpg
ジャンクションピークへ戻ると、お二人がドロップされる所。
先ずはT中さんが白谷左俣源頭からGO!!!
若干パックされた新雪でしたが、ご覧の通りのコンディション^^v

IMG_4666.jpg
200m程高度を落とすと、前日に南面からの雪崩れによるデブリに行く手を邪魔され、
何だかんだで下部まで試練の滑りを強いられました^^;

最高の景色を楽しめたので、好しと言うことで^^v

category: DIARY

CM: 4 TB: 0   

片折岳西面 -DIARY- 

今日は太田雪舞幹事長さんのエスコートで、片折岳西面のシークレットスポットへ。
パウダーでパウダーでばやくでした^^v

IMG_4546.jpg
シークレットスポットへ向かう^^

IMG_4552.jpg
ラッセルはヒザところによりコシ・・・。
おろしたての板でテンション最高潮のタイヤマンのおやじさん
ガンガンラッセルしてくださいました!

IMG_4566.jpg
藪のない斜面が目の前に現れます^^
今日は片折岳西の1125Pまでハイクしてドロップ!!!

IMG_4557.jpg
太田雪舞幹事長さん

227607_319028191550360_1516596008_n.jpg
K住さん
(写真:太田雪舞幹事長さん提供)

185746_319027674883745_1023848376_n.jpg
やまお
(写真:太田雪舞幹事長さん提供)

270391_319028251550354_2051850328_n.jpg
やまお
(写真:太田雪舞幹事長さん提供)

58209_319028351550344_2040473095_n.jpg
モッチさん
(写真:太田雪舞幹事長さん提供)

535964_319028218217024_399649769_n.jpg
松さん
(写真:太田雪舞幹事長さん提供)

734790_319028394883673_1749377058_n.jpg
タイヤマンのおやじさん
(写真:太田雪舞幹事長さん提供)

頑張って登った者だけが味わえる、文句なしのパウダーDAYでした^^v

category: DIARY

CM: 4 TB: 0