Admin New entry Up load All archives

無所属新人 やまやまお

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

北ノ俣岳-REPORT-  

日  時:5/4
ジャンル:スキー
場  所:岐阜県
メンバー:takiさんタイヤマンのおやじさんモッチさん太田雪舞幹事長さん・やまお

 4時10分:林道スタート地点 (1334m)
 4時30分:飛越新道登山口 (1450m)
 6時30分:寺地山 (1996m)
 7時30分:草地 (2050m)
 9時20分:北ノ俣岳山頂 着 (2662m)
10時05分:北ノ俣岳山頂 発 (2662m)
11時05分~11時50分:寺地山手前コルで大休止 (1950m)
13時15分:飛越新道登山口 (1450m)
13時35分:林道スタート地点 (1334m)

3月22日にちっちゃい人 その2が無事に誕生してくれて、ようやく落ち着きを取り戻しつつあるやまお家。
「GWくらいは山へ行かせてちょ」と、前々から北ノ俣岳へ行く計画を立てていましたが、ちっちゃい人 その1がまさかのインフルエンザ発病!39℃の高熱にもかかわらず、マスクも付けず元気いっぱいで家中を走り回る。。。
家族の誰かにうつれば即中止。GWを棒に振る事にならないかと、前日までひやひやものでしたが、何とかかんとかやまお家の集団感染は免れ、ちっちゃい人 その1・その2を嫁さんに託して、3ヶ月ぶりの山スキーを楽しみに北ノ俣岳へ行ってきました。。。^^;

IMG_5121.jpg
飛越新道登山口の1.7KM手前からスタート
夏なんてせいぜい数台しか車が止まっていないのに、何かの雑誌にでも取り上げられたのか林道スタート地点は半端じゃない車の量。約40台ほど!?

IMG_5124.jpg
飛越新道登山口から夏道は使わず、トンネル右側の尾根から取り付く
雪は途切れることはなく、山頂まで雪の上を歩く事ができました。
(おかげで帰りも早い早い)

IMG_5126.jpg
takiさんと幹事長さんがのっけから飛ばしまくります。
終いには平地をスケーティングで駆けだす始末。。。ナゼ??^^

IMG_5130.jpg
追いついて呼吸を整えていると、さささぁーっとハイペースで逃げられる。
振り向いても、もはや後続のタイヤマンのおやじさんと、モッチさんの姿は確認できません^^;

IMG_5133.jpg
幹事長にどんどん引き離され、射程圏内へも追いつけませんでした^^;

IMG_5138.jpg
そんなこんなでトンネルから2時間で寺地山に到着
この3ヶ月間、週末は仕事か家族サービスのみで体力は完全に落ちすでにグロッキーな状態です。。。

IMG_5140.jpg
純白の大斜面を眺め、実に清々しい
菓子パン・チョコレート・スナック菓子を胃袋へ押し込みちょっと復活!

IMG_5139.jpg
薬師岳の上には笠雲がすっぽり
お天気は下り坂か??

IMG_5141.jpg
ようやくスタート地点に立った!?
疲れている身体のはずが、この天気と展望で完全にリミットが外れ大斜面へとサクサク歩みを進める

01_197763_452613454830171_288603482_n.jpg
大斜面を一段上がった辺りで、お店の支度のためtakiさんが帰宅される事に
お昼に北ノ俣岳を眺めながら、皆で食べようと思って持ってきていた父親特製のサクラマスの鱒ずしを、一包みお渡しし別れました^^

IMG_5146.jpg
新雪、クラスト、アイスバーンと目まぐるしく変化する斜面
この日の足元は細板を装備していたため、グリップ力が極端に悪い^^;
固い斜面のトラバースなんてもってのほか。。。スリップを免れようとストックを握る手に力が入る。

IMG_5151.jpg
高度を上げるにつれてクラスト斜面の登高に、グリップとスリップの狭間でかなりピリピリな登高を迫られましたが、最後の斜面を北側に緩く巻きながら詰め、何とか稜線に乗り上げる。

IMG_5157.jpg
北ノ俣岳山頂 着
稜線上は気温3℃、西からの強風が吹き体感温度は氷点下
今日は赤木平まで滑って、登り返すと息巻いていましたが、3ヶ月ぶりの山スキーで完全に体力が落ち、山頂に着いた時にはすでにヘロヘロでした(笑)

03_21288_387535711366274_1323305551_n.jpg
幹事長が見えたので、「頑張ってぇ~」と山頂からエールを送る^^

04_936919_387544021365443_319340401_n.jpg
幹事長も山頂到着!

IMG_5156.jpg
強風を避けるように地面に身体を沿わせながら、後続のタイヤマンのおやじさん、モッチさんの到着を待つ

05_190440_387535848032927_787179719_n.jpg
静けささに包まれた雲ノ平

IMG_5160.jpg
後続のタイヤマンのおやじさん、モッチさんの到着を待つも、寒さでギブアップ>_<
一足お先に記念撮影を終え、滑走準備に取り掛かりました。

06_207208_387535931366252_1079673401_n.jpg
大斜面上部はカリカリのアイスバーン。今日の装備での滑走はかなり苦戦を強いられます。
登りで使い果たした足で、斜面変化を抑えつけながら降りて行く。

08_48038_387535954699583_29340771_n.jpg
タイヤマンのおやじさんとモッチさんも山頂から滑り降りてこられて合流する

09_923264_387535901366255_1837970619_n.jpg
細板・革靴で北ノ俣岳大斜面を滑走!

10_397878_387536151366230_2054102043_n.jpg
足がプルプル

11_524819_387536188032893_471856567_n.jpg
気合いのみで滑り降りています!


登りで足を使い切ってしまい、もはやこれが限界っす^^;

IMG_5165.jpg
ただし皆さんのテンションは高いまま(笑)

IMG_5170.jpg
大斜面の滑走を終え、寺地山へと向かう

IMG_5172.jpg
寺地山手前のコルで大休止
家の父親がこしらえたサクラマスの鱒ずしを皆さんにもお裾分け^^

IMG_5176.jpg
寺地山を巻いて下山
その後の小ピークも可能な限り巻いて行く。

IMG_5177.jpg
雪が繋がっていてくれるお陰で、予想以上にスムーズな下山
まだまだ滑走を楽しめました!

IMG_5181.jpg
最後のスノーブリッジを渡り、全員無事に飛越トンネルにたどり着く

12_934744_387536334699545_1113362535_n.jpg
山頂で全員そろって記念撮影できなかったのでこちらでパシャリ!!
皆さん良い顔をされています^^

13_946662_387535498032962_905453278_n.jpg
久しぶりの完全燃焼!
達成感と心地よい疲労感に包まれ、幸せな一日でした^^
同行いただいた、takiさん・タイヤマンのおやじさん・モッチさん・太田雪舞幹事長さん、今日もありがとうございました!

しばらく家族サービスに専念して、次回の山行は6月1日!!
折立から薬師岳を目指そうか!?はたまた今回未遂に終わった赤木岳から赤木平へ滑走しようか!?

25_05_04_kitanomatadake01.jpg

25_05_04_kitanomatadake02.jpg

スポンサーサイト

category: REPORT

CM: 6 TB: 0   

北ノ俣岳-DIARY- 

3月22日にちっちゃい人 その2が無事に誕生してくれて、ようやく落ち着きを取り戻しつつあるやまお家。
「GWくらいは山へ行かせてちょ」と、ちっちゃい人 その1・その2を嫁さんに託して、3ヶ月ぶりの山スキーを楽しみに北ノ俣岳へ行ってきました^^

IMG_5138.jpg
寺地山から望む北ノ俣岳

IMG_5143.jpg
数日前の降雪で純白の大斜面
この景色は何度見ても素晴らしい!

IMG_5160.jpg
山頂から赤木平まで滑って登り返すと息巻いていましたが、3ヶ月ぶりの山スキーで完全に体力が落ち、山頂に着いた時にはすでにヘロヘロ(笑)
達成感と心地よい疲労感に包まれ、幸せな一日でした^^
同行いただいた、takiさん・タイヤマンのおやじさん・モッチさん・太田雪舞幹事長さん、今日もありがとうございました!

category: DIARY

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。