Admin New entry Up load All archives

無所属新人 やまやまお

三方崩山 左又左谷-REPORT- 

日  時:4/18
ジャンル:スキー
場  所:岐阜県
メンバー:単独

 3時50分:弓ヶ洞谷左岸 林道入口 (600m)
 4時50分:二又 (1000m)
 6時10分:1534P
 7時15分:左又左谷源頭 着 (1955m)
 7時45分:左又左谷源頭 発 (1955m)
 8時05分:二又 (1000m)
 8時30分:弓ヶ洞谷左岸 林道入口 (600m)

2週間前の昼闇山朝活に引き続き、今日も夜から仕事ですが三方崩山へ朝活に^^

IMG_2903.jpg
3時50分に弓ヶ洞谷左岸 林道入口をスタート
林道の雪は途切れ途切れで30分ほどスキーを担ぎ、真っ暗の林道を忠実に上がって行きます。
林道末端からスノーブリッジを渡り右岸へ

IMG_2904.jpg
二又を過ぎ1,050m辺りでクライマーズレフトの沢筋を詰めコルを目指します

IMG_2906.jpg
コルに登り切った辺りで日出をむかえる^^

IMG_2910.jpg
この尾根を登るのは初めて、弓ヶ洞谷を隔てた1897峰へ詰める尾根に比べれば、
細った場所もなくイージーに見えます。
ここから眺めて気になるのは、稜線手前の急な部分くらいでしょうか

IMG_2913.jpg
稜線手前で斜度が増し、たまらず尾根から外れオープンバーンへ
雪は程よくゆるんで、冷やりとする場面もなく稜線へ上がる^^

IMG_2915.jpg
三方崩山が姿を現しました!
夜の仕事に備えて仮眠も必要なので、山頂は割愛することに

IMG_2930.jpg
スタートから約3時間半で左又左谷源頭に到着!滑走準備を整えながら谷の様子をうかがう
谷は縦溝、デブリもなくメンツル!まだ黄砂も乗っておらず真っ白です^^♪

IMG_2927.jpg
この時期、しかも平日に誰もいるわけもなく少し心細さもありましたが、無事に到着出来てホォ^^v

IMG_2932.jpg
それではお楽しみの滑走タイム!
上部はそこそこ急な斜面ですが、雪も程よくゆるんでかっ飛ばせました^^

IMG_2934.jpg
貸切大斜面!開放的な谷で実に気持ちぃ~^^♪
ナイスザラメを存分に楽しみながら落ちて行きます!

IMG_2943.jpg
ナイスザラメ斜面を見上げる^^

IMG_2945.jpg
下部にはデブリがあるものの、緩んでおり特に難儀することなく通過
ストップスノーにも出合わず、標高差1,000mザラメパラダイスでした^^v

IMG_2947.jpg
二又で振り返る
右又入り口は滝が顔を出していました。来シーズンは右又も行ってみよう^^

IMG_2948.jpg
スノーブリッジを渡り林道へ帰還
滑り降りてきた谷をしばし眺める

IMG_2952.jpg
春ですね~^^
今シーズンはまだまだ滑りますよ~!

2017_04_17_sanpoukuzureyama.jpg
スポンサーサイト

category: REPORT

CM: 0 TB: 0   

三方崩山 左又左谷-DIARY- 

二週間前の昼闇山朝活に引き続き、今日も夜から仕事ですが三方崩山へ朝活に^^

IMG_2927.jpg
7時過ぎには左又左谷源頭着^^v

IMG_2930.jpg
谷はつべつべ♡

IMG_2932.jpg
ナイスザラメです^^!!

IMG_2934.jpg
下部にデブリがありましたが、緩んでいて難儀することもなく林道まで~^^♪

category: DIARY

CM: 0 TB: 0   

昼闇山 一ノ倉川-REPORT- 

日  時:4/3
ジャンル:スキー
場  所:新潟県
メンバー:単独

 4時10分:焼山温泉 (380m)
 5時20分:昼闇谷出合 (750m)
 7時30分:稜線 (1580m)
 8時40分:昼闇山山頂 着 (1840m)
 9時10分:昼闇山山頂 発 (1840m)
10時00分:新田山のコル (850m)
10時20分:焼山温泉 (380m)

家族サービス続きで山は3週間おあずけ。。。
GWの山行に向けて体力もつけておかないと。。。
そんなこんなで今日は夜から仕事ですが、昼闇山へ朝活に^^

IMG_2837.jpg
焼山温泉を4時過ぎに出発
昼闇山左岸尾根に取り付くあたりで日出を迎え、日本海方面がうっすらと色づき始める

IMG_2841.jpg
赤く焼ける烏帽子岳を右手に眺めながらクラスト斜面を快適ハイク

IMG_2849.jpg
尾根を一段登りきると昼闇のカールが全貌を現す!
快晴の空のもと最高のロケーションに気持ちが高揚します^^v

IMG_2852.jpg
左岸尾根詰めて稜線に乗り上げると素晴らしい景色が広がりました!

IMG_2854.png
山頂手前の急斜面はつぼ足直登を避け、西側から巻きましたが、
かなりハードにクラストしていたため、敢え無くつぼ足に切り替え。

IMG_2858.jpg
雪庇の切れ間からカールを見下ろす
このラインも気持ちよさそうでしたが、やはり気持ちは一ノ倉川へ^^

IMG_2861.jpg
焼山も姿を現し、気分は最高潮!

IMG_2863.jpg
焼山・火打山をバックにパシャリ
山頂を独り占めし、1080度の大展望を楽しみました^^v

IMG_2869.jpg
烏帽子岳と日本海

IMG_2870.jpg
雨飾山と後立山連峰

IMG_2871.jpg
金山も近いうちに行ってみたいところ

IMG_2876.png
景色を存分に楽しみ、一ノ倉川源頭へ

IMG_2875.jpg
面ツル純白の大斜面

IMG_2878.jpg
息をのむ美しさです

IMG_2880.jpg
程よく雪が緩み、快適な滑走を楽しむ
最高に気持ち良かったです^^

IMG_2881.jpg
徐々に谷が狭くなっていきますが、地形を楽しんで滑ります!

IMG_2882.jpg
昨年は3月始めに一ノ倉川を滑りましたが、貧雪シーズンだったため滝が口をあけており、
高巻きを強いられましたが、今シーズンはまだまだ雪はたっぷり!
ゴルジュの滝は完全に埋まっており高巻き不要でした^^v

IMG_2886.png
上部の斜面は快適滑走でしたが、ゴルジュ〜谷の下部にかけては、ガリガリクラスト
&両岸からのデブリで試練の滑りですが、春ですしこんなもんですね^^

IMG_2888.jpg
ここまで来れば安全地帯
シールオンして新田山のコルへ登り返し、左岸からの雪崩に注意して一気に登り切ります

IMG_2892.jpg
新田山のコルから一ノ倉川を望む
滑り終えた後にこの景色を眺めるのが、毎回の楽しみ^^♪

IMG_2895.jpg
新田山のメローな疎林斜面

IMG_2896.jpg
ナイスザラメ!で雄たけび連発!!(笑)
10時20分焼山温泉にもどり温泉♨️へ飛び込みました^^

2017_04_03_hirukurayama_01.jpg

2017_04_03_hirukurayama_02.jpg

category: REPORT

CM: 0 TB: 0   

昼闇山 一ノ倉川-DIARY-  

家族サービス続きで山は3週間おあずけ。。。
GWの山行に向けて体力もつけておかないと。。。
そんなこんなで今日は夜から仕事ですが、昼闇山へ朝活に^^

IMG_2876.png
帰路はもちろん一ノ倉川

IMG_2878.jpg
数日前に降雪があり、純白メンツル^^v

IMG_2880.jpg
適度に緩んで快適滑走でした!!

IMG_2892.jpg
10時過ぎに焼山温泉に帰還し温泉にドボン^^♪


category: DIARY

CM: 0 TB: 0