Admin New entry Up load All archives

無所属新人 やまやまお

三方崩山・1897峰-REPORT-  

日  時:2/17
ジャンル:スキー
場  所:岐阜県
メンバー:大滝くん・やまお

 6時10分:国道脇帰雲山崩壊記念碑 (590m)
 8時15分:1078P
 9時25分:1402P
10時40分:1693P
11時25分:1897P 着
12時00分:1897P 発
12時30分:シッタカ橋 (590m)

三日前に高熱が出て、薬で何とか熱は下がったものの、病み上がりで体調が悪いまま。。。^^;
案の定ラッセルはのろのろ、セカンドを歩いても大滝くんに付いて行くのがやっとの状態でしたが、山頂に着くころにはすっかり元気に(笑)
気合いの入った大滝くんに引っ張ってもらい、何とか三方崩山・1897峰に立ち、源頭からシッタカ谷を滑走!!
山スキーやってて本当に良かったー!と心から思えた一日でした^^

IMG_4931.jpg
夜明けと同時に国道脇からスタート

IMG_4934.jpg
林道を進む
ラッセルはスネ程度、この程度のラッセルなら二人でも山頂は射程圏内か!?
それにしても体調が悪い。。。

IMG_4935.jpg
林道から望む野谷荘司山
吉森達は白谷左俣を狙いに向かうと言っていた。向こうも楽しくやっているのかな!?^^

IMG_4939.jpg
林道が終わる辺りで尾根に取り付きましたが、かなりの斜度と藪に行く手を阻まれ厳しい登り
もう一本手前の尾根から取り付いた方が良いのか??
ラッセルもヒザ程になり、なかなか高度を稼げません。

IMG_4944.jpg
1078Pまで登れば尾根上は雪も締り、ラッセルから解放されました!

IMG_4945.jpg
時折日が射しましたが空は薄い雲に覆われ、ニット帽を被っていても、頭が痛くなるほどの冷え込み
これならシッタカ谷に詰まった雪も、腐らず待っていてくれそうです^^v

IMG_4950.jpg
1402Pから一旦、鞍部へ降りる
1693Pへは写真の広い尾根を詰めます。

IMG_4956.jpg
広い尾根はご覧の様な斜面で斜度もそこそこあり、降雪直後はデンジャラスな雰囲気
この日は雪がしまっていたので安心してサクサク進めました^^v

IMG_4957.jpg
振り返って猿ヶ馬場山を望む
三角形の帰雲山崩壊地も良く見えます。

IMG_4965.jpg
1700m付近から細尾根が現れる。。。
尾根の北側は切り立っていて歩けない。
尾根の南側の無木立斜面は雪崩れたら一巻の終わり。
気持ち悪くてトラバースする気になれなかったので、何とかして細尾根の上を進む事に。

IMG_4967.jpg
細尾根もう一頑張り!

IMG_4974.jpg
細尾根をクリアすると山頂まであと一息
後続は無し!シッタカ谷を二人占めできそうです(笑)

IMG_4975.jpg
尾根から望む三方崩山

IMG_4977.jpg
それにしても素晴らしい景色です^^

IMG_4978.jpg
雪庇の切れ間を突いて山頂へ!

IMG_4980.jpg
山頂到着!
大展望に気分があがります^^v

IMG_4982.jpg
美しい

IMG_4984.jpg
さあ行きますか!
休憩も早々にシールを剥がして、GOGOGO!!

IMG_4985.jpg
ハイスピードでパウダーを滑走!!

IMG_4986.jpg
滑っていて鳥肌が立つ程の良い雪でした^^V

IMG_4987.jpg
源頭を振り返る
上質のパウダーが詰まり、身も心もトロトロに^^;

IMG_4989.jpg
ノドヘ目がけてノンストップで滑り降りて行きます^^v

IMG_4990.jpg
ノド抜けると大斜面が広がっていました。。。

IMG_4993.jpg
それでは二人で遠慮なくいただきます!!!


超快適なシッタカ谷中腹


超快適な滑走はまだまだ続きます^^v

IMG_4997.jpg
病み上がりで体調が悪かったはずですが、もはや全快です(笑)
嬉しくて、楽しくて、笑いが止まりません!

IMG_4999.jpg
ありがとうシッタカ谷
来シーズンもまた来ます!

IMG_5004.jpg
シッタカ橋に降り立ち、仲良く二人で記念撮影
もうじき第二子が誕生するので、今シーズンはこれで山スキー終了です!
今シーズン山へご一緒させていただいた皆さま、お相手していただき本当にありがとうございました!
来シーズンも宜しくお願いいたします^^

25_02_17_shitaka.jpg
スポンサーサイト

category: REPORT

CM: 4 TB: 0   

コメント

三方崩山シッタカ谷、超快適~正にパウダー天国。 5時間以上かけて登り、30分で滑り下りてる事からも、すばらしかった事が伝わってきます。 もう昇天しちまったでしょう(*^^)v  シーズンラストランにふさわしいいい山スキーになりましたね(*^^)v
 
もうすぐ第二子誕生の由、責任一つ大きくなりますがめでたいことです。 母子そして上のお子さんも大切にしてあげて下さい。 

黒部のシュン #8XEONt72 | URL | 2013/02/23 06:04 - edit

報告を参考させてもらい、本日同じルートを楽しんできました^^
強烈なラッセルで気持ちが折れそうになりましたが、
6時間半耐えて山頂に立つことが出来ました。
ホワイトアウトに近い状態で眺望は悪かったのですが、
滑走途中からは視界回復し、シッタカ谷の豪快滑走を
楽しめました。この斜面は素晴らし過ぎますね!

二人目のお子さん生まれるのですか。
それなら山は封印しておいた方が、将来的にもいいですね。
ちっちゃい人との遊びも楽しいと思うので、しらばらくは
そちらを満喫してください。

週末山紀行 #HfMzn2gY | URL | 2013/02/23 18:05 - edit

黒部のシュンさま

シッタカ谷に骨抜きにされてしまいました!!

予想を遥かに超えた開放感と、すんばらしい雪で今シーズンを悔いなく!?終える事が出来ました^^v
(本当はまだまだ滑りたいのですが。。。(笑))

今シーズンは山スキーを通じて、シュンさんはじめ、沢山の方々と出合う事ができ本当に充実したシーズンでした!
来シーズンも宜しくお願いいたします^^

やまお #aF03qbSI | URL | 2013/02/23 22:12 - edit

週末山紀行さま

>報告を参考させてもらい、本日同じルートを楽しんできました^^
いえいえ、僕の報告なんてただの自己満足記録で、参考だなんてとんでもありません・・・^^;

シッタカ谷は登りの苦労に見合った、いえ、それ以上に素晴らしい谷ですよね^^!
それにしても猛烈なラッセルに6時間半も耐えて、山頂を踏まれるとは。。。素晴らしい体力とモチベーション。そして登りの技術も相当なのだと想像できますw

しばらくは山から離れ、家族との時間を大切にしようかと思っています。
ブログであまり楽しい報告はなさらないでくださいね(笑)滑りに行きたくなりますので^^

週末山紀行さんのシッタカ谷レポートも楽しみにさせていただきます!

やまお #aF03qbSI | URL | 2013/02/23 22:26 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://musyozokusinjin.blog.fc2.com/tb.php/40-212472d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)